介護士こーにゃー 嫁はデブ

介護と夫婦の話が多い雑記ブログです

こーにゃー、介護の仕事辞めるってよ

本日出勤した際に、上司に会社、むしろ介護の仕事自体を辞めると伝えました。

 

上司は本当にいい人で、「最近元気ないのは感じてたよ」と言ってくれたのがびっくりでした。自分が思っていることをちゃんと聞き出してくれて話しやすい空気を作ってくれました。

この上司が出世した意味がわかる気がしたと同時に、一定慣れているところもあるとも思います。

 

わたし自身人間関係に悩んでいたこと、これまでも人間関係に苦しんできたこと、全く別の業種で働きたいことも伝えました。

 

上司から、「別の施設でやって見ないか」と提案が出されましたが、自分の中で介護の仕事を続けるモチベーションがあまりないのもあり、現場はお断りしました。

 

そのあと、「社会福祉士の資格を持ってるなら相談員をやって見ないか」との申し出があり、これには少し迷って、「興味はありますが、、、」と少し曖昧な返答をしてしまいました。

 

わたしが社会福祉士をとろうと思ったきっかけは地域福祉に携わりたいと思っていたためだったことを伝えると、「じゃあ地域包括支援センターで働いて見たら?」と言ってくれました。これはわたし自身働いて見たいと思っていた場所なのでかなり揺れました。

 

最後に上司から「ほんとは君に出世を期待しててたから残念なんだ」と言われ、上司からは一旦持ち帰って上に伝えるとの話になり終わりました。

 

現場で仕事している最中も頭の中が混乱しており、転勤して続けるのか、新しいことをやるのか、自分の中でやりたいことが全く定まっていない状況です。

 

少し整理して考えたいと思います...