こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

介護職に就いて彼女と別れた話。

 

こんにちは!こーにゃーです。

 

元カノが結婚したという話を聞いて、いろいろと思い出したので書きたいと思います。

 

 

大学時代、三つ年上の女性と3年間交際していました。両親にも会わせており、結婚したいと思ってました。

 

私が大学3年の時、就職活動が始まりました。いろいろな企業を見ていくうちに、『介護の仕事に就きたい』と思い始めました。

 

私の大学は福祉とは無縁で、介護の仕事に進もうとするのは周りで私だけでしたが、やりたいと思ったので本格的に就職活動を進めることにし、元カノに報告しました。

 

その時に言われた言葉が今も頭に残ってます。

 

 

「そんな仕事するんだ。私と結婚する気がないんだね」

 

 

てっきり応援してくれるものだと思っていた私は衝撃を受けました。

 

元カノは就職活動に失敗し、保育士になる為に通信で大学の勉強をしていたので、同じ福祉業界に進むなら一緒に頑張ろうと言ってくれると思ってました。

 

その後私は無事に内定をもらい、ホームヘルパー2級(現:初任者研修)の資格の為、勉強しました。

 

元カノは「本当に介護やるんだ」といった様子でした。

 

 

大学を卒業した私は、内定を頂いた会社に就職しました。

一方元カノは単位が足りなくて通信大学を卒業できず、私は同期入社した今の嫁が好きになり、元カノと別れました。

 3年付き合ったけど、別れはあっさりしてました。

 

元カノは世間のイメージに流されやすい人で、3.11の震災の時も「東北の野菜は放射能が怖い」と避けてました。

 

 

介護の仕事についても「給料が安い」、「汚い」、「とにかく辛い」というイメージを持ってたそうです。

 

 

元カノは公務員の方と結婚して、幸せそうに見えます。これはこれで本当によかったです。

 

 

介護の仕事って、元カノのように悪いイメージを持っている人が多いと思います。私の大学の友人はみな口を揃えて「大変だね」と言ってきます。

 

そう言ってくる友人たちの方が人間関係に苦しんでたり、残業が多かったり薄給で「仕事辞めたい」と言っている人たちでしたが、『介護の仕事よりはマシ』といった感じでした。

 

この仕事を続けていて、『辞めたい』と思ったことは何回もあります。実際楽な仕事じゃないです。

 

ですが、私はこの仕事を誇りに思ってます。

 

いずれはこの仕事の良さ、やりがいをみんなに伝え、介護の仕事に就きたいと思ってもらえるような仕事をしたいと思っています。

 

 


にほんブログ村
にほんブログ村