こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

【介護】お局ナースと仲良くなれた話

 こんにちは!こーにゃーです。

 

私の職場にちょっと怖いナースがいます。

基本的にいい人なんですが、口調が強く、発言力が一番高いです。

 

きつい表現や中傷もあり、それが原因で辞める人もいました。

 

 そんなナースと、少し仲良くなれた話です。

 

 

 きっかけ

 

 

ある日、ユニットのイベントでかき氷をしていた時、誤ってかき氷機の刃で指先を深めに切ってしまいました。

 

大量の出血、イチゴのシロップなのか、私の血なのかわからない状態です

 

その時、怖いナースがちょうどユニットに来ました。

 

「あんた、何してんのーーー!」

 

私、痛みよりも怖さにビビります。

 

ナースは私の手をガーゼで抑えながら医務室に引っ張ります。

 

手はガーゼで覆われ、連れて行かれる様子は、さながら連行されている様だったと後から言われました。

 

医務室に連れてかれた私は、

 

「もーなんでこんなことになったのよ」

と、半ば切れ気味に処置を受けます。

 

私は恐怖で言葉が出ませんが、出血を止めるスポンジや包帯で止血してくれました。

 

めちゃくちゃ分厚く処置を受けました。

 

勤務後、

「血止まったか」と再度看てもらいます。

 

「こんなにぐるぐるにしたら帰るとき恥ずかしいな」と、見た目を良くしてくれて、カットバンと止血剤をもらいました。

 

次の日も「看てやる」とのことで処置を受けます。

 

その時、他の職員も私の怪我を見に来ました

 

「こいつ昨日キッチンを血まみれにしたんだよ、全く、利用者の為に使うものをなぁ」と笑い話をします。

 

私も、「福利厚生ってことで許してください」というと笑ってました。

 

それからなんとなく普通に話せるようになり、ナースへの恐怖も消えました。

 

 

他職種連携が必要な介護業界

 

介護業界は介護士だけでなく、看護師やケアマネなど、いろいろな職種が作用することでいいケアにつながります。

 

逆に言えば、苦手な人ともうまく付き合わなければなりません。

 

 私たちはチームケアが何よりも大切なので、人間関係は非常に重要です。

 

正直な感想

 

今回の一件で少し仲良くなれたのはまさに『怪我の功名』でした。

 

ちなみに「明日も看てやるから」と言われてます。

 

正直な感想です。

 

 

「指切って良かったーー!」