こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

他人からの評価を気にしなくなってから人生が楽しくなった。

こんにちは、こーにゃーです。

 

私、社会人になって最初の頃、他人の目を気にして生きてました。

他人にどう思われてるのかとか、嫌われたらどうしようとか。

 

そんなことばっかり考えて生きてきました。

 

仕事でちょっとしたミスや抜けがあるととても気にしてしまい、「あぁ、またやった。」「迷惑かけた」と自己嫌悪になることが多くありました。

 

無駄に完璧主義者なところもあり、他人の目を気にしすぎてしまう。また、他人の行動も気になってしまう。自分のミスが許せなく、他人のミスも許せない。

 

他人と自分を比較する。

とてもとても小さい人間でした。

 

 私を変えたきっかけ

 

以前の職場で、我が道を突き進む年上の男性の職員がいました。その方と飲みにいった時のことです。

その時、私は人間関係で悩んでおり、そのことを相談しました。

 

男性職員は言いました。

「周りとか、本当にどーでもいい。俺にとっては周り何て本当にどうでもいいこと、他人に興味がない」

他人のことを気にしてたら自分の仕事に支障が出る。自分さえよければあとはどうでもいい」

 

びっくりしました。そんな考え方があるのかと。

そして気づきました。私はとても小さなことに頭を悩ませ、ストレスを抱えていたことに。

 

男性職員の言葉は非常に強いもので、私は全てを共感することはできませんでしたが、この人は仕事に一番真剣に取り組んでおり、誰よりも仕事が早いです。

 

それ以来、他人の目を気にせず自分の仕事に集中し、無理して他人に関わろうとすることを辞めました。

 

気づいたこと

 

他人からの評価を気にせずに仕事をしていると、自分のミスを責めることがなくなり、他人に対しても優しく接することが出来ました。

 

そして自分の仕事に集中していると仕事でのミスも減り、自然と周囲の評価は上がってきました。

 

人間関係についても、

今までは、「何とかみんなと仲よくしよう」という思いがありましたが、無理して関わろうとせず、必要なことのみ連絡を取り合う方が仕事がしやすくなり、悩むことがなくなりました。

 

今まで他人に合わせて生きてきましたが、ようやく自分のペースで生きることを覚えました。

 

そして思ったことは、

「他人と自分を比較している人。そんな人は絶対に幸せになれない」ということです。

 

いま人間関係に悩んでる人も「どーでもいい」と自分に言ってみると、楽になるかもしれませんね。