こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

嬉しかった心霊体験

こんにちは!こーにゃーです。

 

先日、心霊体験のブログを投稿しました。

 

 

www.kooonyaaa.com

 

本日はちょっと嬉しかった心霊体験です。

 

 

私が5歳の頃のこと。祖母の家に遊びに行くのが大好きでした。

 

祖母の家にはよく知らない人がいました。

その時は知らなかったのですが、祖母のお母さん、私の曾祖母にあたる方だったのですが、当時の私には全くわかりませんでした。

 

98歳ぐらいで、よたよたと歩いていて、私や私の兄弟には全く話しかけず、穏やかに過ごしていた記憶があります。

 

これも後から知ったのですが、ひ孫が見れて幸せだったとのこと、静かに見守っていたかったと生前に話していたそうです。

 

私の曾祖母のとの記憶はほとんどなく、よく覚えているのは曾祖母は亡くなったときのことです。

 

老衰だったと聞いてます。

 

そこそこ広い家だったので、お葬式も自宅葬でした。そのため、遺体は棺桶に入れられ、家の和室に安置されていました。

 

私はその時、「人が死ぬ」ということをちゃんと理解していませんでした。

 

葬式前も、祖母の家でピアノをバンバン叩いていました。

 

ピアノは和室の近くにありました。

 

妹と私は一緒にピアノを弾いてました。

 

しばらくしてピアノに飽き、音を鳴らすのを辞めました。

その時。

 

 

パチパチパチ

 

 

和室から手をたたく音が聞こえました。

 

私と妹は和室に行きました。誰もいません。

でも確かに和室から聞こえました。それは父も確認しています。

 

和室には棺桶がぽつんと置かれています。私は祖母に音が聞こえたことを伝えました。

 

祖母は「ばあちゃん(曾祖母)が拍手したんじゃない?」と笑ってました。

 

そして祖母は棺桶を開きました。

 

中にいた曾祖母は、なんとなく笑っているように見えました。

 

私と妹は嬉しかったのですが、祖母は少し驚いてました。

 

 

私は曾祖母と会話した記憶はないし、どーゆー人かもわかっていません。

 

ですが、この記憶は今も鮮明に覚えているし、今も見守ってくれてるんじゃないかと思っています。