こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

短気は損気。怒っている人は人生を捨てている。

短気は損気』という言葉がある。短気をすると結局自分が損をするということ。

 

身をもって体験してきました。

 

学生時代

 

私は中学・高校と卓球部でした。高校ではそこそこの強豪で、団体では全国を狙えるぐらいの実力がありました。

 

私は当時部長。本気で全国を目標に練習に取り組んでました。しかし、部員とは温度差を感じてました。

 

「部活は楽しくやりたい」

「頑張っても将来に役立つわけではない」

 

そんな人たちに、私は怒っていました。

 

毎日怒ってました。

 

ある日、私は練習相手に困ってしまいました。誰も私と練習をしたがらなくなりました。

すぐ怒るから怖い

そう思われていたそうです。

 

卓球というスポーツは、一人で練習する事が出来ません。相手がいないと成り立たないスポーツです。

 

私は全国に行きたかっただけ。ですがチームメイトとはぎくしゃくしてしまいました。

 

結局全国には行けず。

それでも、「チームに恵まれなかった」と思ってました。

 

私はこれまで、部活の部長、サークルの代表等、何かと取り仕切る機会を多くいただいてきました。

 

そしてこれまで、私はたくさん怒ってきました。

 

「このチームを良くしたい」そう思ってました。

 

そして上手く行かず、そのたびに「環境に恵まれなかった」。

そう思う繰り返しでした。

 

怒るということ

 

ある日、私は周りに人がいない経験をしました。誰も私に近づきません。

 

その時、やっと私は気づきました。怒るという感情が無駄だということに。

 

私自身、すぐ怒る人は大嫌いです。

なりたくない人間に、私はなっていました。

 

常に環境のせいにしていましたが、上手く行かない原因は全て自分にあると気づきました。

 

怒っている自分を客観的に見つめなおすと

「こんなことに怒ってたの?」とバカバカしくなりました。

 

「練習中に喋ってる」

「だらだらと仕事をする」

「うるさい」

 

本当にこれだけのこと。なのに私はイライラし、大声を出していました。

 

他人を変えようとしてしまっていた。

 

私はなぜ怒っていたのか。理由は簡単でした。

 

『他人を変えようとしていた』

 

他人を変えることはできません。自分が変わらなければいけません。

 

私は心に決めました。「絶対怒らない」と。

 

怒りは第二感情

 

怒らないことについて私は勉強しました。

 

そして、怒りは「第二感情である」と知りました。

『怒り』の理由は

不安、痛み、焦り、絶望、悲観、ストレス

 

こういったものが原因で「怒り」につながるのです。

 

例えば、

娘の帰りが遅く、父親は娘に怒ってしまいます。

 

父「いつまで外ほっつき歩いてんだ!」

娘「はぁ?関係ないでしょ?」

 

こんな感じになりますが、父は娘のことを心配していただけなのです。

この時、父の第一感情は『不安・心配』です。

 

この第一感情を直接伝えることが出来れば、

 

父「こんな遅くまで帰ってこないから心配したぞ」

娘「連絡しなくてごめんね」

 

と、怒らなくて済みます。

 

私は怒る前に、必ず第一感情を見つけることを意識するようになりました。

 

怒らなくなってから、人間関係が良くなった。

 

職場では絶対に怒らないことを心がけています。

他人の仕事ぶりを見ていて、心配になることがあります。

 

時には自分に不利益を被るときもあります。ですが、怒らないと決めてから、気持ちが楽になりました。

 

結局、怒るかどうか決めるのは他人ではなく自分です。

 

これまで、多くの場面で『怒らない』という選択を捨てて、怒ってきました。

怒らないという道もありましたが、自ら「怒る」を選択してきたのです。

 

怒っている人は人生を捨てている。

 

こんな経験はありませんか。

 

・部下を叱責した日、自己嫌悪に陥り一日仕事が手につかなくなった。

・怒ってしまった日の夜、翌日の出勤が憂鬱になり、眠れなくなった。

 

怒った人は、他人に影響を与えるだけではなく、自分にも悪影響を与えてしまうのです。

たった5分怒っただけで一日を捨ててしまうようなことに繋がります。

 

 

また、すぐ怒る人は早死にします。これは研究結果が出ています。

 

 

私はこれまで、短気でたくさん人生を捨ててきたと思ってます。

 

人とのつながりを失い

チャンスを捨て

その結果、自分の成長を止めてきたと思います。

 

『短気は損気』

語源は江戸時代にまでさかのぼります。昔から言われてたんですね。

 

私は怒らないと決めた。それが一番だと思ってます。