こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

悪口は自分に返ってくる

職場でも、プライベートでも、悪口の多い人ってどこにでもいる。

 

私の上司にも悪口が多い人がいる。それはそれは皆に悪口を言う。

 

悪口を言う人って、損してる。大損。

 

 

 

悪口のメリット

 

f:id:kooonyaaa:20170909110542j:plain

 

悪口を言うことで受けられるメリットはこれしかない。

 

悪口という秘密を持ち共有することで、連帯感が生まれやすい。

 

だけど、悪口を言って作った連帯感ていうのはすぐに崩れる。悪口を言い合う人は、互いに監視しあっている。

 

信頼関係が育まれるまえに崩壊するケースがほとんど。

 

悪口を言う人は周囲から避けられる

 

毎日毎日悪口を聞かされると、うんざりする。疲れる。

 

「昨日Aさんがこんな対応してさぁ」

 

「最近この人全然動いてくれない」

 

毎日聞かされていると生気を取られる。

だんだん顔を見ただけで、嫌な気分になる。

 

悪口を言う人と近くにいたくないのは、誰だって一緒。どんどん人が離れていく。

 

誰だって人の悪口を聞いて、自分もネガティブな思いをしたくない。

 

悪口は悪口を呼ぶ

 

f:id:kooonyaaa:20170909110930j:plain

 

周囲から人が避けていくと、残るのは同類。悪口を言う人。

 

そして互いのことをこう言う。

「なんでも話せる相手」と。

 

なんでも話せると言えば綺麗だが、話すことは悪口だけ。

 

そして避けていった人たちのことを、

「かわいい子ぶってる」

「何考えているかわからない」

 

そう言う。

 

そして悪口を言う人は、悪口仲間のことも悪く言う。

結局、悪口を言う人は誰のことでも言う。

 

もう友情も何もあったもんじゃない。

 

悪口を言う人は信頼されない

 

他人に悪口を言う人は、周りからこう思われる。

 

「また他人の悪口を言っている。どうせ私のことも言っているんだろうな。」

 

もしくは

「寂しいやつだな」

と思われるかもしれない。

 

とにかく信頼されない。

悪口を言う人は責任がなく口が軽い。だから誰も信頼しない。

 

他人を巻き込む

悪口を言う人は、他人を巻き込む。

 

「私はこう思うんだよね。これAさんも言ってた」とか。

とにかく同調して欲しいから、他人を悪口に参加させる。

 

ちょっと関わったり相槌を打った程度でも悪口を言ったと言われてしまう。

 

時間がたてば、Aさんが悪口を言ったかどうかなんてすぐにわかる。

 

とにかく仲間がいないから、仲間を作りたがる。

 

悪口を言っている人は、自覚がない

息を吐くように悪口を言っている人は、自分が悪口を言っている自覚がない。

 

よく彼氏彼女の悪口を言ったり、「離婚したい」と言っている人がいる。

第三者視点からすればどーでもいい。

 

自分の見る目がないことを他人に言っているだけ。

 

「じゃあなんで別れないの?」

そう聞いたら大抵黙る。

 

悪口は自分に返ってくる

 

f:id:kooonyaaa:20170902113356j:plain

 

私も以前は悪口が多い人間だったと思う。

 

そして、周りに悪口が多い人だけが集まってきて、人間関係に疲れてしまった。

因果応報。自分が悪口を言ったのだから嫌な思いをして当たり前。

 

自分が相手に嫌な思いをさせてきたのだから。

 

今の職場にも悪口がすごい女上司がいる。この女上司のせいで、何人もの優秀な職員が辞めてしまった。

 

そして辛いのは優秀な部下を失った女上司。結局自分の仕事が増えて悪口が増える。

 

全部自分に返ってくる。悪口は絶対言わない方がいい。

 

中居正広さんの悪口に対する対応

 

以前元SMAP中居正広さんが、ラジオの番組でこう語った。

 

「(悪口に対して)それに乗らないのよ、俺は。『わかるわー』とか、『そうだよなー、そういうヤツとかさー』とかって、あんま乗らないのよ」

 

「たとえば奥さんでもいいや、旦那さんでもいいや、友達でも彼氏でも、なんか(誰かの悪口や愚痴を)言ってる人がいたら、その相手のことをね、その人のこと知らないし、知ってたとしても、ちょっとその人を援護するね。わざと」

 

「『(悪口を言う人に対して)そんなにあなた正しくないよ』っていうのを遠回しになんか教えてあげたい感じ。『すごい好きな人が同じことしたら、あなたはイライラしますか?』っていったら、しないと思うのよ。それだったら、それはあなたの感情だから。『そんなにあなたの言ってることは正しくないよ』っていうこと遠回しに教えるために、全然知らない人を援護することっていうのが、すごくあるよね」

 

 

中居さんにとっては特別なコメントではないだろう。それでも中居さんの人柄がよくわかる発言だと思った。