こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

【介護】夜勤の辛いところを独自の視点で語ってみた【デメリット】

こんにちは!こーにゃーです!

 

介護業界に働いていて、夜勤が好きな私

 

 

www.kooonyaaa.com

 

 

ですが、もちろん辛いときもあります。

 

紹介します(^^)/

 

①夜勤前は一生懸命寝る

 

夜勤は長丁場、仕事前はできるだけ寝ときたいという気持ちがあります。

 

頑張って寝ようとします。

f:id:kooonyaaa:20170913100343p:plain

 

寝ようとすればするほど眠れないこともあり、全く仮眠を取れずに夜勤を迎えることがあります。

 

その時はしんどいなぁ。。。

 

②体調不良者がいると、一気に緊張感が高まる

 

日中に熱が出た、転んで足を痛めているなど

日中に特記事項が加わると、一気に緊張感が高まります。

 

f:id:kooonyaaa:20170913101128p:plain

 

こまめに巡視したり、バイタルを測定したり。

いつもより気を張ってみています。

 

大抵大事に至らないのですが、何かあってからでは遅いため、普段よりも気を張って業務にあたる必要があります。

 

③覚醒ラッシュは大変

特に朝ですが、「起こしてください」と複数人が一斉に起きてくるときはいつだって大変です。

 

一人の入居者様を起きていただく際は、

洗顔、整容

排泄

着替え

等々

 

結構時間がかかります。

 

f:id:kooonyaaa:20170913102330p:plain

 

できればタイミングよく起きてほしいんですが・・・

こればっかりは入居者様の生活スタイルなので仕方ないですね

 

④救急搬送時は詰む

 

危険な状態になった時は、病院に搬送することになります。

 

その時は

・入居者様の状況を確認

・ナースに連絡

・家族に連絡

・救急隊に連絡

・搬送の準備

 

等々、全ての業務を中断し、心血を注ぐ必要があります。

 

f:id:kooonyaaa:20170913103248p:plain

 

この時ほど大変なことはないです。

急変した入居者様以外の方もいますからね。

 

命に関わる事なので、大変なんてその時は言ってらんないです。

 

夜勤明けはもうぐったりしてますね

 

⑤夜勤前は体調を崩せない

 

夜勤前に自分の体調を崩さないように心がけてます。

 

もし私が休んでしまった場合、代わりに夜勤をする人を見つけなけらばなりません。

 

会社にとって、これほど迷惑なこともないんじゃないでしょうか。

 

f:id:kooonyaaa:20170913104321p:plain

 

普段から体調管理に気を付けるのは、社会人として当然のことです。

 

シフトで働いている介護業界ならなおのこと、シフトに穴を空けないようにしないといけませんね

 

⑥明けの日があっという間に終わる

 

メリットの記事で、明けの日を自由に使えると書きましたが、疲れてぐったりしてしまうこともあります。

 

気づいたらもう暗くなっていることも・・・

 

f:id:kooonyaaa:20170913105550p:plain

 

起きたら真っ暗な時、なんだか切ない気持ちになります。

 

まとめ

 

夜勤は基本的に一人で勤務することが多いので、どうしてもバタバタすることもあります。

 

経験が浅い職員だと、大変なことも多いと思います。

私は最近やっとある程度のことには対応できるようになりました。

 

それでも大変なこともありますねぇ。

 

 

www.kooonyaaa.com