こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

【胸と二の腕を間違えて揉む】嫁を怒らせてしまった瞬間を挙げてく

こんにちは!こーにゃーです。

 

私と嫁は、基本的にかなり仲が良い方だと思います。

 

f:id:kooonyaaa:20170915185723p:plain

 

ですが、時々怒らせてしまうことがあります。

 

そんな怒らせてしまった原因を紹介していきます。

 

①ろくに話を聞いていなかった

 

嫁「こーにゃー、洗濯物取り込んでー」

 

こ「はいよー」

 

嫁「・・・」

 

こ「・・・」

 

嫁「こーにゃー、洗濯物お願い」

 

こ「はいよー」

 

嫁「・・・」

 

こ「・・・」

 

f:id:kooonyaaa:20170915190722p:plain

 

たまに自分の世界に入っていて、嫁の話をろくに聞いていないことがあります。

 

「ちゃんと聞いてるの?」と口うるさく言われることもあり、イライラさせてしまっています。

 

気を付けないと。

 

②お菓子を食べてしまった

 

嫁はお菓子が大好き。

一気に食べることはせず、何日かに分け味わっています。

 

「おっ、こーにゃーの分も残しておいてくれたんだな!可愛いやつめ」

そう思って美味しくいただきました。

 

食べてしまったが最後。

 

嫁「こーにゃー、お菓子食べた?」

 

こ「食べたよー」

 

嫁「なんで?」

 

こ「?」

 

嫁「買ってきて」

 

こ「?」

 

嫁「かってこい」

 

こ「はい」

 

f:id:kooonyaaa:20170915192406p:plain

 

食べ物の恨みは恐ろしいとはこのこと。

食べてしまったお菓子に加え、アイスを購入して許してもらいました。

 

もう嫁のお菓子は食べないと誓いました。

 

③お尻を『ペーン』と叩いてしまった

 

ソファーでうつぶせになりゴロゴロしていた嫁。

 

ふとお尻が目につきました。

 

「なんか大きいな」

 

そう思った私。

 

何気なくお尻を叩いてみました。

 

『ぺーん』

 

いい音がしました。同時に

 

「いったっ!」嫁が強く痛がります。

 

この時、嫁がイボ痔であることを忘れてました。

 

詳しくは過去記事

 

www.kooonyaaa.com

 

「ちょっとけつ出せや」

 

f:id:kooonyaaa:20170915194702p:plain

 

しこたま叩かれました。

 

面白半分でやったら大変なことになりました。

もうしません。

 

④胸と二の腕を間違えて揉む

 

私たちは同じベッドで寝ます。

 

たまに嫁の胸を揉もうとします。

 

目をつぶり横になりながら揉んでました。

 

嫁「こーにゃー、それおっぱいじゃない」

 

こ「え?」

 

目を開けて確認したらびっくり。

 

私が揉んでたのは胸ではなく二の腕でした。

 

嫁「なんで間違えたの?」

 

こ「いや、大きくて柔らかかったから・・・」

 

とても怒ったのと同時に、少し凹んでいました。

 

f:id:kooonyaaa:20170915201116p:plain

 

怒らせないようにしよう

 

全部私、こーにゃーが悪いのです。

 

そう。嫁は全く悪くないのです。

 

つまり私が気を付ければ、嫁が怒ることはありません。

 

介護の仕事をしている私の職場は奥様が多い。

 

「男はなんもわかってない」そんな愚痴をよく聞きます。

 

気を付けます。嫌われないように・・・