こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

ここが辛いよ男性介護士

f:id:kooonyaaa:20170927225711p:plain

 

こんにちは!こーにゃーです。

 

一人の男性介護職員として仕事をしていて辛いことがあります。

 

そんな場面を紹介します。

 

①入居者様に「男は嫌だ」と言われる。

 

入居者様はどうしても男性より女性が多いです。

女性の方が長生きですからね。

 

実際に私のユニットでも10人中9人が女性の入居者様です。

 

女性入居者様の中には、

 

・旦那さんに嫌な思いをされた方

・男性にトラウマのある方

・男性に身体を見せるのが恥ずかしい方

 

そんな方がいらっしゃいます。

 

そんな方が認知症になると、男性というだけで強い拒否があります。

 

f:id:kooonyaaa:20170927221747p:plain

 

認知症といえども、その方との信頼関係があればケアもしやすいのですが、新規で入ってきたばっかりの方はどうしても難しいです。

 

そんなときは女性職員に依頼するのですが、ふがいなさを感じます。

 

まぁ信頼関係が出来てくると、嬉しいことが増えて楽しいこともあります。

 

 ②中立の立ち場でいなきゃいけない

 

職場は女性職員が多くいます。

どうしても対立したりしています。

 

そうすると、お互いが愚痴を言います。

 

それに対して私は、味方になることも反論することも出来ません。

 

男性がどちらかの味方についてしまうと、人間関係がぶっ壊れます。

なるべく中立を保ち、関わらない努力をしています。

 

極力聞き役に徹し、適当な相槌を打ってごまかしています。

 

f:id:kooonyaaa:20170927222420p:plain

 

本当に信頼してなんでも話せる職員は少ないですね・・・

 

③相談できる相手が少ない

 

女性職員が多いため、なかなか心を開ける相手がいません。

 

幸い今の職場は、上の立場に男性がいてくれており、相談しやすい環境で働けています。

 

ですが、やはり現場は女性職員が多く、ストレスを溜め込んだ時になかなか吐き出せないことがあります。

 

f:id:kooonyaaa:20170927223638p:plain

以前の職場は上司がメンヘラで、何も相談できずに辞めてしまったことがありました。

 

④男性職員への期待が大きい

 

女性職員が多い分、男性職員への期待は大きいものがあります。

 

「これ上手くやってくれるかな」

 

「この行事の司会任せよう」

 

等々、何かと任されることが多いです。

 

そして、期待に応えられない時は非常にがっかりされます。

 

f:id:kooonyaaa:20170927225342p:plain

 

期待が大きい分、落差も大きいですね。

 

期待以上の働きが出来れば喜んでもらえるので、結局は自分次第なんですけどね

 

まとめ

 

「男って辛いなー」って思ったけど、意外と考えたら少なかった。。。

 

女性の方が辛いこと多いのかもしれないですね。

 

それでもだめになりそうな時もたまにあります。

 

そんな時に上司に相談できる今の環境は良かったです。

 

さて、明日も頑張ろう。