介護士こーにゃー 嫁はデブ

介護と夫婦の話が多い雑記ブログです

【介護】衰弱してからじゃ遅いんだよ

本日、とある入居者様(以下:Aさん)救急搬送をした。

 

体温、血圧、脈、酸素飽和度。どの数値も問題ない。

本当にただただ衰弱しただけ。

 

少しずつ食事が摂れなくなって、水分が摂れなくなっていた。

 

排尿が出なくなり、活気もなくなっていった。

 

経済的虐待

 

食事量が落ちている。

 

「食べたいものある?」

 

職員が聞く。

 

Aさんは

 

「あんぱんが食べたい」という。

 

でも、Aさんのお金は施設にない。

 

お金は全て家族がすべて持っている。

 

Aさんは生活保護。そのお金を、家族は車を買ったり、子供の養育費に充てている。

 

Aさんのお金を、家族は使い込んでいる。

 

食べたいって言ったあんパンでさえ、買ってあげることができない。

 

介護放棄

 

家族の面会は、極稀。

Aさんは家族が来ると喜ぶ。

 

徐々に弱っていくAさんの情報を家族に連絡する。

 

「できれば一度、顔を見せてあげてほしい」

 

職員から伝える。

 

家族は、「今度行きます」という。

 

家族が来たくないことは職員もわかっている。

 

たまの面会も、仕方のない用事のついでだ。

 

ケアプランだって家族の意向はない。

 

どうだっていいのだ。

 

「今度行きます」って、何か月後のことを言っているのだろう。

 

手遅れ

 

いよいよ危ないって時に、ようやく家族が面会に来た。

 

Aさんの名前を呼んでも返事はない。焦る家族。

 

「食べたいって言ってたあんぱんだよ」

 

もう口は開かない。

 

「私のことわかる?」

 

目も開かない。

 

Aさんはもう、家族がいるのかどうかも判断できない。

 

家族はもう、Aさんの笑顔を見ることはできない。

 

家族は言う。

「まだ若いのに、どうしてこんなになったんですか?」

「少し前まであんなに元気だったのに、こんなに痩せて・・・」

 

家族の“少し前”と、Aさんの“少し前”は違う。

 

Aさんは家族が来るのを待ってたんだよ。

 

家族は後悔している。

 

でももう、Aさんは恐らく永くない。

 

もう口からは食べれない。

 

衰弱してから後悔しても、もう遅いんだよ。