こーにゃーの結婚2年生

知らない土地で暮らし始めました。

読者が喜びそうな記事を書きたいは傲慢。好きなことを書いていく。

カフェでテキストを入力する

 

ブログを初めて5か月。毎日更新を続けてきました。

ブログを始めた当初、とにかく書きたいことを書いていました。

 

相手に読まれることを意識せず、自分が好きに発信することが楽しかったです。

 

バズることで得た快感が弊害になった

 

ある日、記事がバズりました。

 

多くの人に読まれ、大量につくハテブ。一時間のPVが数が今までにない数値になり、尚も伸び続ける感覚がこの上なく気持ちよかったです。

 

この時の快感が忘れられず、読者を意識した記事を書くことを意識し始めました。

 

読まれそうな記事を書こうと、ヒットしやすそうなワードについて書くことがありました。

注目を集められるような記事を意識してみたりもしてました。

 

しかし、バズることを意識して書いた記事が思うようなアクセスを生み出さないと、非常にがっかりします。

アクセス数を意識した記事を書けば書くほど、アクセスが伸び悩んでいました。

 

自分が書きたいと思って書いた記事。アクセスを目的として書いた記事。

アクセス数が伸びるのは皮肉にも前者でした。

 

雑記ブログでいい!持続させることが大事

 

ブログに専門性を持たせた方がいいか、雑記ブログでいくか。

 

今思うことは、「とにかく何でも書いてみる」です。

ブログで大切なことは、「検索流入」や「収益」よりも継続すること。

持続性が一番重要だと考えます。

 

専門性を意識することよりも、好きなこと、気になったことを書いていく方が継続させることが出来ます。

 

ブログは続けることが何よりも難しい。

「まずは書く」

これを意識しています。

 

読者が喜びそうな記事を書きたいは傲慢

 

WEBという情報があふれる世界で、読者に刺さる記事を提供するなんて難しい。

とにかく自分が書きたいこと、伝えたいことを書いて、あとは読者に判断してもらう。

 

私はバズを意識したことを反省し、

「今日、私が書きたい記事」を書くようにしています。

 

毎日一本書きたい記事を書く。その積み重ねの中で、たまに多く読まれる記事が出てきます。

それは嬉しい。けれども、内容が固執した記事を書くのではなく、むしろ新規でジャンルを開拓していく気持ちでやっていきたい。

 

まずは一年を目標に!

 

ブログを初めて5ヶ月目になるけれども、まだまだブログを運営する上でのノウハウを知らない。目に見えた成果もない。

 

5ヶ月という数字はまだ入り口に立った程度なんだろう。中には1ヶ月で成果を出す天才もいるが、私は凡才。まだまだこれから。

 

近年、こんなに熱中しているコンテンツはブログをおいて他にありません。

好きなことを書いて読んでもらえる。こんな面白いことはありません。

 

3ヶ月、半年。このあたりでブログから撤退していく人が多くいる中で、まずは一年続ける。

 

 

その時につまらなかったら辞めるかもしれないけど、楽しいままでいられると思う。