介護士こーにゃー 嫁はデブ

介護と夫婦の話が多い雑記ブログです

嫁が子宮内膜症と診断されました。【不妊】

私が住む仙台市では、20代女性の子宮頚がん検診の受診を推奨しており、安価な値段で検診を行うことが出来ます。嫁にも検診の通知が届いたので、受診をしてきました。

 

その検診の結果、嫁が子宮内膜症だと分かりました。

 

子宮内膜症とは?

嫁から「私子宮内膜症だったみたい」と言われ、びっくりしました。子宮に関する病気って命に関わる事が多いですよね。しかも女性特有なので知識がありません。

f:id:kooonyaaa:20171205235853p:plain

調べてみると、

子宮内膜症とは、子宮の内側にしかないはずの子宮内膜が、子宮以外の場所で増殖と剥離を繰り返して痛みを引き起こしてしまう病気のことです。

 

子宮の内側にある子宮内膜は生理時に体の外に出て行きますが、子宮以外の場所で増殖した子宮内膜はお腹の中にとどまってしまい、炎症や癒着を起こして痛みの原因になります。

 

そして、この子宮内膜症、近年増加しているのです。

 

子宮内膜症が増加してる原因

はっきりとした原因はわかっていませんが、月経の回数が多いほど発症のリスクが増えてしまうそう。

 

近年、女性のライフスタイルの変化に伴って初経年齢の早期化や晩婚、晩産化が進み、月経回数が増加していることが、そのまま子宮内膜症の増加に繋がっていると考えられます。

 

ガン化する可能性

私が一番心配なのは、この子宮内膜症が悪性腫瘍になるのかということです。

 

結論から言うと、子宮内膜症は良性の病気ということで命に関わることはないそうです。

しかし、子宮内膜症のなかで、卵巣に出来たものを卵巣チョコレートのう胞と言い、この場合ガン化する可能性があるそうです。

 

発生率は0.7%ということですが、卵巣チョコレートのう胞がある方は定期受診をするべきです。

 

ちなみに嫁は子宮に癒着してはいませんでした。良かったです。

f:id:kooonyaaa:20171205235415p:plain

子宮内膜症不妊の原因になる

嫁が一番ショックを受けていたのが妊娠についてです。

 

子宮内膜症でも普通に妊娠・出産する方は多くいます。

 

しかし、病状が進むと妊娠に悪い影響があると言われています。

実際、子宮内膜症の30~50%の方が不妊を合併しているそうです。

f:id:kooonyaaa:20171205235720p:plain

卵管や卵巣、子宮、腸管などが癒着を起こしやすくなり、卵巣からの卵子の放出や卵管内の受精卵の移動などが妨げられてしまいます。

 

子宮内膜症を早期から治療していくことが、将来の不妊を防ぐことにもつながります。

 

子宮内膜症と付き合っていく

この病気、卵巣や子宮ごと取り除く以外は閉経するまで続く病気です。

なので、経過観察は重要です。月経があるうちは、再発、進行する可能性がある病気です。

 

嫁は元々月経時の痛みは強い人。これからも辛い痛みと闘わなければなりません。そして不妊への不安もあります。

本人の痛みは一人で抱え込まさず、家族でのサポートが必要だと思います。

 

そして、一年経っても子供が出来ない場合は不妊治療をすることも必要になってきます。お互い支えあっていかなければなりません。

 

ライフスタイルの変化により、男女が平等に働く時代です。男性も女性特有の病気をしっかり調べて、理解してあげる必要性を今回深く感じました。

 

 

 

 

 

 

子宮内膜症 (よくわかる最新医学)

子宮内膜症 (よくわかる最新医学)