介護士こーにゃー 嫁はデブ

介護と夫婦の話が多い雑記ブログです

【アルツハイマー】三大認知症を分かりやすく比較してみた!【血管性/レビー小体】

三大認知症とは、

アルツハイマー型認知症血管性認知症レビー小体型認知症のことを言います。

 

この三つで、全体のおよそ85%を占めているため、それぞれの特徴を把握しておくことは非常に重要です。

f:id:kooonyaaa:20180110062616p:plain

出典:レビー小体型認知症の家族を支える会ホームページ

 

今回は、この三大認知症を分かりやすく比較していきます!

 

脳の変化

f:id:kooonyaaa:20180110082513p:plain

アルツハイマー認知症

老人斑や神経原繊維変化が、海馬を中心に脳の広範に出現します。脳の神経細胞が死滅していきます。

 

画像で見ると、海馬を中心に脳の萎縮が見られます。

 

血管性認知症

脳梗塞脳出血が原因で、脳の血液循環が悪くなり、脳の一部が壊死してしまいます。

 

画像で見ると壊死したところが確認できる状態です。

 

レビー小体型認知症

レビー小体という特殊なものができることで、神経細胞が死滅してしまいます。

 

レビー小体の場合、画像で見てもはっきりした脳の萎縮は見られないことが多いです。

 

男女比

f:id:kooonyaaa:20180110082653p:plain

アルツハイマー認知症

女性に多く見られます

 

 

血管性認知症

男性に多く見られます

 

 

レビー小体型認知症

 

やや男性に多いですが、それほど性差はありません

 

症状

f:id:kooonyaaa:20180110082851p:plain

アルツハイマー認知症

 

初期症状としてもの忘れが見られます。

 

症状が進行すると

認知機能障害(物忘れ等)

物盗られ妄想

徘徊

見当識障害

とりつくろい

等の症状がみられてきます。

 

血管性認知症

初期症状としてもの忘れが見られます

 

症状が進行すると

認知機能障害(まだら認知症)

手足のしびれ・麻痺

感情失禁

等の症状が出てきます

 

脳梗塞などが発症した部位によって、脳の機能が損傷される個所にばらつきがある為、症状には個人差が出てきます。

 

レビー小体型認知症

 

初期症状には幻視・妄想・うつ・パーキンソン症状が出てきます。

 

時間の経過とともに

幻視や妄想の悪化

鬱状態の進行

パーキンソン症状の進行

認知機能障害(注意力・視覚等)

睡眠時の異常言動

自律神経症

等の症状が出てきます。

 

経過

アルツハイマー認知症

 

記憶障害から始まり、広範な障害へ徐々に進行していきます。

f:id:kooonyaaa:20171228011746p:plain

血管性認知症

 原因となる疾患にとって異なりますが、比較的急速に発症し、段階的に進行していきます

f:id:kooonyaaa:20171229022338p:plain

レビー小体型認知症

調子に波があり、良いときと悪い時を繰り返しながら進行します。個人差があり、急速に進行することもあります

f:id:kooonyaaa:20171229230200p:plain

 

三大認知症についてそれぞれまとめています