介護士こーにゃー 嫁はデブ

介護と夫婦の話が多い雑記ブログです

「ブログ飯」を読んだらブログに対するモチベーションが超絶アップした件

「ブログ飯」

 

この言葉だけでかなり目を惹くパワーワードですよね

ブログをやっている人なら一度は耳にしたことのあるフレーズじゃないでしょうか

 

ご飯ではないですよ?

書籍です

 

 

 

かなりメジャーな本で、読んだことがある人も多いのではないでしょうか

 

「ブログ飯」を読んだ私は今、非常に高まっています

力が漲ってきております

 

この本を読んで、落ちていたブログへのモチベーションが超絶アップしました

 

「ブログ飯」を手に取った理由

最近、ブログを続けてきてモチベーションが低下してきていました

 

はてなブログはてなブックマークに掲載されなくなってからPVがずっと横ばいだったり

仕事も忙しくて残業も増えてきていて時間が取れなくなくなってきたり

 

そんな感じで気持ちが落ちていました

 

そんな時に本屋でふと見かけたのが「ブログ飯」

 

いろんな方がお薦めしている書籍だったので

「今の状況を踏まえたうえで読んでみよう」と思い、購入しました

 

読み終えた率直な感想

もうね、読んでよかった

買ってよかった

 

最近買ってよかった本ベスト3に入るレベル

 

モチベーションがめっちゃあがりましたよ

 

今までやってきたことが間違っているとかどうかではなく、続けてきたことに意味があってそのために試行錯誤してきたことは必ず自分の身になっているっていうこと

 

 

書く時間、内容の濃さ、伝わりやすさ、全て自分が成長しているということ

ブログを続ける中で自分が成長していることを認識することができました

 

今自分の初期のブログを読むと余りにも稚拙な文で内容も薄いんです

もう恥ずかしいぐらい

 

今有名なブロガーも、最初は一日10アクセスとかそういう場数を踏んでいて、悩んだり学んだりしながら成長して今があるんですよね

 

最近当たり前のことを見失ってブログ運営をしていましたよ

 

アクセスを意識するあまり、本当に書きたい記事を書いていなかったり

PVに一喜一憂したり

覚えたてのSEO対策をしてみたり

 

そんなことを気にすることってなかったんですよね

 

内容紹介

「ブログ飯」を読んだ中で印象に残った内容を一部紹介します

 

・ありきたりな人気記事を読者は求めていない

ブログに訪れている読者は、自分の知らないこと、自分とはかけ離れている内容を求めて検索します。

世にある世間一般向けの内容を発信し続けているうちはただの「コピー記事」

 

実際に自分が体験したことは自分にとっては当たり前でも、他人にとってはかけ離れた体験になりえます

 

自分にしか書けない記事が、他人にとって最も必要な情報になります

 

SEOは気にしなくていい

個人ブログで運営していくなら、SEOを気にする暇があるなら一記事でも多くの有益な記事を書く方に時間をかける方がいいです

 

「文中にキーワードを含む」とか、「検索を意識して」とか、そんなことを期にする必要はありません

 

大事なことは、記事を読むのは検索ツールではなく人間なのです

いくら検索エンジンにかかりやすい記事を書いても、実際に読む人間が読みづらいと感じてしまうようでは魅力を感じません

 

読んでくれる人間に対して向き合って書いていきましょう

 

最後に

「ブログ飯」の著者染谷昌利さんは、家族や子供がいる中で仕事を辞め、ブログで飯を食べることを目指す過程も書かれています

 

その当時の様子を、奥様が巻末にて語っています

 

この話がまた非常に面白いですので、ぜひご一読ください

 

私のようにモチベーションが下がっているブロガーの皆さん

一度この本を読んでみてください

 

そして一緒にブログを続けていきましょう!