介護士こーにゃー 嫁はデブ

仙台に移住して子供が産まれました

うるさい嫁がいないと寂しい。くだらないスキンシップも何気ない会話も必要だってこと【結婚してよかった話】

こんにちは。こーにゃーです。

 

嫁や彼女等、うるさいと感じる人も多いのではないでしょうか。

今日は静かにしてほしい

 

そう思うこともありますよね。でも、いつもうるさい人がいなくなると、結構さみしいんだよって話です。

嫁はうるさい

私の嫁は基本的によく喋ります。

 

「こーにゃーふにゅふにゅー」

「こーにゃーハゲハゲー」

「こにゃこにゃー」

 

f:id:kooonyaaa:20170923211703p:plain

 

私が返事をしようがしまいが、しゃべりかけてきます。やかましい。

 

車の運転しているときはより一層うるさいです。

 

「こーにゃー、赤だよ」

「こーにゃー、スピード出しすぎ」

「こーにゃー、ここまっすぐだよ」

 

f:id:kooonyaaa:20170923213027p:plain

 

言われなくてもわかってます。

嫁は私とお話ししたいらしいです。

 

可愛いやつめ・・・なんて思いません。

大変です。

 

嫁とのスキンシップが痛い

ある日お互い残業し、少し早めに私が帰宅しました。

かなり疲れています。ベットに横たわります。

 

f:id:kooonyaaa:20171116221505p:plain

しばらくして嫁が帰ってきました!

「疲れたから飛び込むね!」

 

f:id:kooonyaaa:20171116221749p:plain

いきなりベットに飛び込んできました。

痛い。邪魔。

 

そして嫁。私がおもむろにおっぱいを触ったことに激怒し、床に落とそうとしてきました。

 

f:id:kooonyaaa:20171116222315p:plain

必死におっぱいをつかんで落ちないように耐える私。結局二人そろって床に落下しました。

 

f:id:kooonyaaa:20171116222524p:plain

私は左腕を、嫁は首をぶつけ、お互いダメージを受けました。

 

嫁とのスキンシップが臭い

二人してダメージを受けながらベットに戻ります。

「何すんだよ」

「あんたがおっぱい触ったからでしょ!」

「そりゃ触るだろ!」

「なんでよ!」

 

こんな感じで言い争いを始めていると、嫁が勢いよく息を吹きかけてきました。

 

f:id:kooonyaaa:20171116222708p:plain

まじで臭い!

それをきっかけに息の吹きかけ合戦が開幕。

 

f:id:kooonyaaa:20171116222947p:plain

「おえっ」

「くっさ」

 

お互い不快な思いをしながら息を吹きかけあいました。

 

いつもこんな感じでくだらない掛け合いをしています。たまにうんざりしたり、疲れが増すこともあります。

 

ですが、これがないと、結構さみしいんです。

 

嫁がいない日

ある日、嫁が友達の結婚式で泊まりに行く日がありました。

 

「今日は夜一人か、パーっとやろう」

 

一人暮らしを思い出し、テンションが上がった私。

お菓子やビールを買い込み家で独身貴族ごっこをしました。

 

f:id:kooonyaaa:20170923214259p:plain

 

ですが、楽しいのはいつも最初だけなんです。

 

YouTube見たり、テレビつけたりしてもむなしい。

 

「もう早く寝よう」

そう思ってもなかなか眠れません。

いつもうるさい嫁の隣で寝ている私。

 

 

いつの間にか静かな環境で眠れなくなりました。

 

f:id:kooonyaaa:20170923220239p:plain

 

嫁が帰宅するとやっぱりうるさい

 

嫁が一泊して帰ってきた時のやかましさは、普段の比じゃありません。

 

「こーにゃー、帰ってきたぞー」

「昨日ね、あんなことやこんなことがあってうんぬんかんぬん」

 

と嫁のマシンガントークが始まります。

 

f:id:kooonyaaa:20170923221157p:plain

 

 

そして段々と、

 

「こーにゃー、浮気してたの?」

「どんな女連れ込んだ?」

「正直に言いなよ」

 

と根拠もなく浮気を疑われます。

 

こちとらあなたの帰りを今か今かと待っていたのに。

 

でも嫁が帰ってくると、うるささが心地良いし寂しさが無くなります。

寂しがり屋の私は、うるさい嫁がちょうどいいし、こうやって喋ってくれる人が必要だってことでした。