介護士こーにゃー 嫁はデブ

介護と夫婦の話が多い雑記ブログです

【函館旅行記】2泊3日の函館旅行で実際に行った場所とルートを紹介│メジャーから穴場まで、おすすめの場所はこちら。

2018年5月、2泊3日で妻と函館旅行に行ってました。

人生初の北海道だったのですが、事前に調べていたことでスムーズに動くことができ、限られた時間の中で楽しむことが出来ました。

 

今回は私の函館旅行を振り返りながらおすすめの場所とルートを紹介していきたいと思います。

 

 

北海道新幹線で北海道へ!青函トンネルは味気ない!?

2016年に開通した北海道新幹線!東京から北海道まで4時間、仙台からは2時間30分で行くことが出来ます。

 

これまで空路から北海道に行く以外はアクセスが難しかったのですが、これで行きやすくなりましたね!

 

そして2018年は青函トンネル開通30周年!新幹線で向かう途中に通りました!

通ってみた感想

「えっ今走ってるの?えっ、もう終わり?」

 

こんな感じです。青函トンネルの中は真っ暗で、海底を走っているという感覚はありませんでした。電光掲示にて紹介されなければ通っていることもわかりません。

なのでそれほど過度な期待はしないようにしましょう。

 

でも、青函トンネルを通ったという実績だけで嬉しいですよね。54キロのトンネルの旅をお楽しみください!

 

JR新函館北斗駅北斗の拳銅像を観よう!

北海道新幹線の開通に伴い、2016年に新設された新函館北斗駅

新幹線ではここで降車し、函館ライナー線で函館駅に向かいます!

 

新函館北斗駅函館駅との中継点という面はありますが、他にも面白いものがあります。

こちらです

f:id:kooonyaaa:20180609155852j:image

漫画【北斗の拳】の主人公“ケンシロウ”の銅像です。

“北斗”つながりで建てられた銅像インスタ映えスポットとして人気があります。

新幹線を降車したら一旦こちらの銅像を確認してから函館駅に向かってくださいね!

 

函館駅到着!一日乗車券を購入してお得に観光をしよう!

f:id:kooonyaaa:20180609155929j:image

函館駅に到着したら、駅構内にある函館観光案内所に向かいましょう!

ウンマップをもらえる他、観光の相談にも応じてくれます。

 

また、函館市内は市電での移動がメインになります。料金は210~250円ですが、一日乗車券を購入することで乗り放題になります。こちらの券は500円で購入できる上、翌日分のも購入することが出来ます。

 

あらかじめ市電で予定を立てているのであれば、購入しておくことでお得に観光が出来ますよ!

 

ちなみに、函館駅二階にはコインロッカーもあるのでホテルのチェックイン時間まで荷物を預けておくのもありです!

 

赤レンガ倉庫でショッピング

f:id:kooonyaaa:20180609160015j:image

 駅舎のコインロッカーに荷物を預け、最初は赤レンガ倉庫でショッピングを楽しみました。

函館港沿いに築100年を超える赤レンガ倉庫が立ち並び、景観も美しいです。

 

館内には北海道銘菓土産や雑貨、スイーツショップにカフェ、地ビールレストラン等、48の店舗が入っています。

 

アクセスも市電の電停十字街から徒歩五分とアクセスしやすいです。

一泊目は湯の川温泉

赤レンガ倉庫でショッピングを楽しんだ後は市電で湯の川温泉に行きました。

駅を降りて最初に見えるのは足湯の広場

f:id:kooonyaaa:20180607215553p:plain

 

 ここで旅の疲れを癒すこともできますし、近場のホテルの温泉に入ることもできます。

ちなみに私は花びしホテルというホテルに宿泊しました。ホテル内で湯の川温泉に入れるのでとても満足できるホテルでした!

 

 

 函館アリーナから徒歩5分というアクセスの良さもポイントが高いです。

夜はコンサートを鑑賞しに行ったのでここのホテルにしてよかった!

 

関連記事

【ツアー2018~函館講演~】小田和正のことを全く知らない方でも、小田和正のライブは最高に楽しめるコンテンツです!楽しみ方やおすすめする理由を紹介!【セトリネタバレあり】 

 

戊辰戦争の集結地“五稜郭”へ

f:id:kooonyaaa:20180609160045j:image

チェックアウト時間までホテルの温泉でまったりした後は、函館3大ビュースポットの一つ、五稜郭に行きました。

 

五稜郭タワーからの景色、箱館奉行所での歴史散策、自然溢れる五稜郭公園はとても素晴らしかったです。タワー内には明治12年に創業した五島軒があります。函館を代表する老舗のカレーは絶品です!私も昼食はこちらで食べました!

f:id:kooonyaaa:20180609160106j:image

五稜郭を観光した5月20日は偶然にも年に一度の五稜郭の日でした!

箱館五稜郭祭*公式サイト - Hakodate Goryokaku-Sai

土方歳三コンテストやパレード、時代の寸劇など、五稜郭の歴史にまつわる催しが行われておりました。

偶然だったのですが見ることができてラッキーでした!

 

ちなみに、土方歳三コンテストで優勝した方は賞金10万円がもらえます!今年の優勝者は女性でした!

 

関連記事

星型の要塞『五稜郭』。開港から箱館戦争まで幕末の歴史がすべてわかる五稜郭公園と五稜郭タワーに行って来ました!【箱館奉行所】

 

函館の有名な坂を観にいきましょう!

市電の末広町駅から見える坂は、函館を代表する坂をみることが出来ます。

中でも有名な八幡坂は、港までまっすぐ続いており、並木道の向こうに函館港を望む景色がとっても美しいです。映画やCMのロケ地としても有名で、観光名所の一つとなっています。

f:id:kooonyaaa:20180609160146j:image

それ以外にも、車道にまで広がる二十間坂

かつての箱館奉行所が置かれた元町公園の下にある基坂(もといざか)

教会や寺院などが立ち並び、異国情緒あふれる大三坂(だいさんざか)

教会が立ち並ぶチャチャ登り等があります。

 

夜は日本一の夜景を観に函館山へ!

坂を見学した後は、そのまま函館山のロープウェイ方面に向かいました!ロープウェイで函館山を登り、夜景を楽しみました!

f:id:kooonyaaa:20180609160221j:image

この夜景は世界三大夜景呼ばれ日本を代表する夜景となっています。

詳しくは過去記事に記載したので、こちらをご覧ください。

 

関連記事

【世界三大夜景】函館山の夜景は“100万ドル”!アクセスはロープウェイ・バス・タクシーどれがいい?お勧めや注意点を紹介します!【ハートの伝説】

 

夕食はラッキーピエロ

下山し、坂を下ったところにラッキーピエロ本店があります。

こちらは北海道の中でも函館と一部地域にしかないハンバーガー店です。

f:id:kooonyaaa:20180609160404j:image

有名人やマスコミが数多く訪れており、日本一のハンバーガーに選ばれたこともあります。コスパもいいし滅茶苦茶美味かった!

 

関連記事

【日本一のハンバーガー】一度食べたら他のハンバーガーは食べられない!?函館発祥のハンバーガー店、ラッキーピエロに行ってみました!!【函館名物】 

 

二泊目のホテルがめっちゃよかった!

夕食を済ませホテルにチェックイン。

宿泊した“ホテルパコ”がすごくよかったんです!

 

温泉は気持ちいいし部屋は綺麗だし食事は美味しいし函館駅まで徒歩10分だし、市電の松川町からは徒歩3分と好立地です。

 

おまけに金額も安いので超お勧めです!

詳しくは下記事から

【楽天アワード受賞】“ホテルパコ函館”が口コミ以上に最高でした!函館旅行にお勧めする理由を紹介!【別館】

 

三日目は函館朝市

函館駅から徒歩一分、毎朝開催されている朝市!

毎朝新鮮な海の幸がずらっと並んでいます。

 

特におすすめは「どんぶり横丁」

朝からガッツリ海鮮丼を頂けます。

 

ホテルの朝食もありですが、朝市に足を運ぶのもお勧め!

 

津軽海峡を結んだビュースポット、摩周丸

f:id:kooonyaaa:20180609160444j:image

朝市を楽しんだ後は、そのまま港まで歩くと大きな船が見えます。こちらは実際に30年前まで青森と北海道を結んだ青函連絡船摩周丸」で、現在は博物館となっています。

 

函館三大ビュースポットの一つでもあり、甲板からの景色は「ロマンティックビュー」と呼ばれるほど美しい景色となっています。

 

また、運行時には入る事ができなかった管制室や無線室、実際に使われた資料の数々が展示されています。

 

世界大戦も台風も経験した連絡船の歴史がすべてわかります。実際に乗船したことがある人も少なくないのではないでしょうか!

関連記事

函館三大ビューポイント『摩周丸』。津軽海峡を結んだ海の上の展望台は絶景!【はこだてロマンティックビュー】

 

お土産は函館駅で購入を

函館旅行のお土産は函館駅に行きましょう。

駅舎一階の北海道四季館は周辺の土産が一堂に介しています。

 

函館のお土産といえば白い恋人をはじめ、マルセイバターサンドやじゃがポックルなど、人気のものが多くあります。

 

そんな中、とっても懐かしいお土産を見つけました。

f:id:kooonyaaa:20180609160512j:image

小さいころに食べたサイコロキャラメル、現在は北海道でしか生産販売がされていません。これをお土産として購入すれば、喜ばれるでしょう。

 

最後の食事は函館ラーメン

函館最後の食事は駅舎2階にある「函館麺厨房あじさい」で函館ラーメンを頂きました。

本店は五稜郭周辺にあり、創業80年の老舗です。あっさりしていながらもコクがあり、細麺と透明のスープがとてもおいしいです。

f:id:kooonyaaa:20180609160544j:image

テーブルに置いてあるナムルは食べ放題。やや辛めでした。

 

まとめ

函館は大きく分けて、函館駅周辺、元町、ベイエリア五稜郭周辺の4エリアが主要な観光スポットとなっています。

 

それらは市電で結ばれ、市電からは徒歩圏内で行けるほどアクセスが良いです。

私は2泊3日で行きたかった場所にすべて行くことが出来、食べ物も美味しく大変満足のいく旅行となりました。

 

今回の旅行ではいけなかった教会や公園といったスポットもあるので、次回はそちらもめぐってみたいと思います。