介護士こーにゃー 嫁はデブ

仙台に移住して子供が産まれました

一ヵ月検診で格の違いを見せつける息子│出生から一ヵ月が経過したので一ヵ月検診を受けてきました。一ヵ月検診の目的と内容、そしてこの時期の体重は?【所要時間と費用】

息子が産まれて早一ヵ月。段々頭が重くなって、長時間抱っこをしていると疲れるようになりました。こーにゃーです。

 

出産から一ヵ月が経つと、すべての赤ちゃんは一ヵ月検診を受診しますよね。

息子も無事に一ヵ月が経ち、一ヵ月検診を受けてきましたので、その時の様子や内容、感想などを書いていきたいと思います!

 

他の赤ちゃんとは違う。我が息子が格の違いを見せつける

息子が産まれた病院に到着。出産を終え退院して以来なので一ヵ月ぶりです。あれからもう一ヵ月が経ったのかと感慨にふけります。

www.kooonyaaa.com

 さて、この病院では、出産日が近い人たちが同じ日時に一ヵ月検診を受けるので、ロビーには赤ちゃん連れの親子で溢れかえっていました。

 

地方の大きな病院なので受診数も多く、全部で20組以上はいたと思います。

その中で、ひと際輝きを放っていたのが我が息子。

待合室でぎゃんぎゃん泣きます。それはもう響き渡るほどの大声で。

 

f:id:kooonyaaa:20181130201443p:plain

息子につられて他の赤ちゃんも泣き始めるのですが、我が子に比べて声が小さく、鳴き声がかき消されます。圧倒的パワーで泣き続ける息子に、びっくりしたのかジーっと見続ける赤ちゃんもいました。

 

そして、他の赤ちゃんはすぐに泣き止んだり疲れて眠ってしまうと言うのに、我が子は30分間延々と泣き続けました。

 

ひたすらあやし続けたり歩いたりしてなんとか泣き止んでもらおうと努力する私たち夫婦を見ていられなくなったのか、「大丈夫ですか?」と声をかけてくれる親御さんもいましたし、「変わりましょうか?」と言ってくれる方までいらっしゃいました。皆優しい。

 

ちなみに、息子が泣き続けていた理由は「お腹が空いていたから」だと思います。受診30分前はミルクを飲んではいけないので、ずっとおあずけ状態だったのです。可哀相な息子よ。でもな、病院に付くまでずーっと眠ってたから飲ませてあげれなかったんだぞ。

 

まずは体重測定!出生時体重からどれぐらい増えた?

一ヵ月検診を受診する方が多く、待合室で30分待たされた息子。それでも元気に泣き続けました。

 

さて、診察室に呼ばれ、最初は体重測定です。

息子は出生時の体重は3200gありましたが、一週間の入院期間中に体重は下がり、退院時は約2800gとなっていました。

 

さて、今回測定してみると、体重は3900gと1100g増加していました!

どうりで抱っこしていると腕が痛くなると思ったんです。特に妊娠中から頭が大きいと言われていたのですが、さらに大きくなったように感じていました。

www.kooonyaaa.com

大体一ヵ月検診の頃には出生時から600~1000g前後増加します。

このころの男の子は体重の目安は3.5~5.9㎏と言われています。

我が子はどうやら順調に育っているようです。

f:id:kooonyaaa:20181130202301p:plain

この一ヵ月検診で体重測定を行い、母乳やミルクが足りているかの判断を行う役割を果たしています。体重の増加が少ない場合は授乳指導が行われることもあります。

 

我が家は妻が完全母乳で授乳を頑張ってくれています。その成果もあって順調に体重が増えていました。ありがたや。

 

身長、頭囲、胸囲も測定

体重測定以外にも身長、頭囲、胸囲も同時に測定しました。

 

出産時に比べ、

身長:52cm→54cm

頭囲:35cm→38cm

胸囲:32cm→34cm

※小数点以下四捨五入

 

それぞれ成長をしていました。ですが、身長は約2cmしか伸びていないのがちょっと気になります。身長は大体6~7cm程度伸びるそうなのですが、やや伸び率は悪いですね。私の遺伝かな?

 

ちなみにこの時期の男の子の赤ちゃんの身長の目安は50.9~59.6cmとのことで、基準値内には入っています。

 

成長に関しては医師からの指摘もなく順調とのことだったので、あまり気にせず“個人差”程度にとらえておこうと思います。

 

頭囲・胸囲に関しては、出産時とそれほど大差はないのが一般的です。

一ヵ月検診の目的はトラブルの早期発見だけでなく両親の相談も

一ヵ月検診は、赤ちゃんの成長の他にも様々な目的を行っています。

 

先天性の病気はないか、黄疸や股関節脱臼はないか、おへそや湿疹等、全身を細かく観察します。

 

また、外部からの刺激に対して無意識に起きる反射の動きのうち、生まれた時にあって、成長するうちに消えていく反射のことを原始反射といいますが、一ヵ月検診ではその反射の様子から中枢神経の発達が順調かどうかを確認します。

 

検診後は頭蓋内出血の予防のため、ビタミンK2シロップが投与、もしくは処方されます。

 

授乳の回数や飲む量、ねんねの状態やウンチのリズムなど、親の育児不安や産後うつ・マタニティブルーズの相談もできます。

www.kooonyaaa.com

 

一ヵ月検診の内容

一ヵ月検診の内容は以下の通りとなります

 

・身体測定

・原始反射

・筋性斜頸

・股関節脱臼の有無

・筋肉の緊張

・視覚

・聴覚

・診察(全体、皮膚状態、胸・背中の聴診、口内、お腹の触診)

・大泉門の触診

・陰嚢(男の子)の状態、外陰部(女の子)の状態

・問診など

 

原始反射では手のひらに触れると指を丸めてしっかりと掴む把握反射

両手で身体を支えて立たせると歩くように足を交互に出す原始歩行

両手を持ち上げて離すとビクッとして両手を広げ、その後しがみつくように腕を閉じるモロー反射

背中の脊椎を外側をなぞると、なぞった方向に身体をくねらせるガラント反射

口のそばに指をおくと吸い付く吸啜(きゅうてつ)反射についてみてもらいました。

 

股関節の脱臼は赤ちゃんに起こりやすいものなので念入りに調べていました。

オムツを外し、足をゆっくり曲げたり開いたり股関節を広げるなどして脱臼がないかを調べてくれました。大きく動かされたことによって息子はオナラをしていましたが、どうやらよくある事だそう。恥ずかしいのは親ですね。

 

f:id:kooonyaaa:20181130200334p:plain

いろいろと丁寧に診てもらい、その間ずっと泣き続ける息子。

医師からは「問題ないし元気ですね」と笑われました。よかったね、息子よ。

 

所要時間と費用は?

一ヵ月検診は病気ではないので、健康保険は適用されないのが注意点。私たちも最初はてっきり保険適用されると思っていたので慌てました。

 

自治体によっては助成を受けることが出来るそうです。私の住む仙台市は2ヶ月検診からの助成は受けられるのですが、一ヵ月検診は自費となりました。

 

さて、かかった金額なのですが、私たちの場合は息子の一ヵ月検診代として3860円かかりました。

また、同時に妻の検診も行い、こちらも3500円とまぁまぁの額がかかりました。

 

この日の病院受診代は合計で7360円です。

これを安いと捉えるか高いと捉えるかは人それぞれかと思いますが、決して安い金額ではありません。ある程度のお金を持って行った方がいいですね。

 

所要時間は全部で3時間弱かかりました!私たちにとっても赤ちゃんと外出するのは慣れていないので、なかなかに疲れました。

 

これから検診を受けるよって人はしっかりと準備をしていった方がいいですね。できれば夫婦で来た方がサポートしあえるのでいいと思います。

 

まとめ

無事に一ヵ月検診を終え、息子の成長を感じることが出来て一安心です。

長時間の外出は赤ちゃんにとっても初めての体験ですし、赤ちゃんを連れた親の私たちにとっても初めてで、やや緊張もありました。

 

赤ちゃんの成長を感じれるのは親として本当に嬉しいもの。2ヶ月検診も楽しみです。

 

 

 

www.kooonyaaa.com

www.kooonyaaa.com