介護士で父親で嫁はデブ

仙台に移住して子供が産まれました

赤ちゃんのスキンケアはいつから?やり方は?│赤ちゃんの皮膚トラブルを防ぐスキンケアと注意点についてまとめました【乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹とは】

息子が生後2ヶ月が過ぎ、もうすぐ3ヶ月になろうとしています。こーにゃーです。

 

産まれてから生後2ヶ月の間は、赤ちゃんはとにかく皮脂の分泌が盛んです。

息子も汗を良くかき、日々汚れています。

 

そんな赤ちゃんに必要なのがスキンケア。しっかりと行っていかないと皮膚トラブルを起こしてしまいます。

 

今回はそんな皮膚トラブルとスキンケアについてまとめていきたいと思います。

 

生まれたばかりの赤ちゃんはスキンケアが必要

赤ちゃんはただでさえ汗っかきな上、よだれや母乳・ミルク、おしっこやウンチなどで汚れやすいものです。

 

また、赤ちゃんの肌は大人よりバリアー機能が未熟なので、汚れをほうっておくと、肌トラブルの原因になることがあります。

 

特に生後0ヶ月~2ヶ月頃の赤ちゃんは皮脂の分泌が盛んなため、乳児湿疹や乳児脂漏性湿疹も見られます。

 

3ヶ月を過ぎれば皮脂の分泌量が減り、今度は乾燥しやすくなります。

 

大切なのは清潔と保湿

毎日のスキンケアをきちんと行って、赤ちゃんの肌をトラブルから守ってあげる必要があるのです。

 

乳児湿疹・乳児脂漏性湿疹とは

前述しました代表的な赤ちゃんの肌トラブルである乳児湿疹と乳児脂漏性湿疹についてまとめていきます。

 

乳児湿疹

生後2週間頃から1歳頃に顔や体に出る湿疹を乳児湿疹といい、食べこぼしやよだれ、汗などが原因で起こります。

 

乳児湿疹はステロイド薬を含まない軟膏などで治療します。

家庭では皮膚を清潔に保つことを心がけます。

 

お風呂では刺激の少ない石鹸をよく泡立て、優しく洗ってください。

 

乳児湿疹は適切なスキンケアを心がければ3~4週間で治ります。繰り返したり、長引くときは受診しましょう。

乳児脂漏性湿疹

頭や髪の毛の生え際、まゆ毛などに、黄色いふけのような塊やベタベタしたうろこのようなかさぶたが出来ることがあります。

 

これをほうっておくと、嫌なにおいがし、かさぶたの下にさらに湿疹が隠れていることがあります。

 

治療薬にはステロイド薬入り軟膏や皮膚保護薬などが処方されます。

かさぶたは入浴30分くらい前にベビーオイルなどを浸したコットンを当ててふやかすと取れやすくなります。

 

また、シャンプーや石鹸で綺麗に洗い、爪を立てたり無理にはがすことはせずに対応しましょう。

ステロイド薬入り軟膏

皮膚の炎症を抑える作用が強い薬です。症状や塗る部位によって5段階の強さの薬を使い分けます。ママの自己判断で勝手にやめたり使ったりするのはNGです。医師の指示通りに使うことが重要です。

汚れやすい、肌荒れしやすい部位はどこ?

赤ちゃんに肌トラブルが起きやすい部位は以下の通りとなります。

【耳】

湿りやすく、湿疹が出来たり、痒くなりやすい部位。衣類で擦れて傷つくこともあります。

 

【頭皮・髪の生え際】

頭皮や髪の中にもよく汗をかきます。脂漏性湿疹ができやすい部位でもあります。

 

【頬・口元】

よだれや食べ物が刺激になりかぶれやすく、赤くなってしまうことがあります。

 

【首】

首のしわに汗や汚れが溜まりやすく、あせもができやすい部位です。

 

【手】

赤ちゃんは手を握っていることが多く、手のひらや指の間にゴミや汚れや汗が溜まりやすいです。

 

【わきのした】

汗腺が多いため、汗が溜まりやすくなります。また、お風呂のあと水気をふき残しやすい部位です。

 

【腕・関節のくびれ】

くびれが深く、汗や汚れが溜まりやすい部位です。

 

【おしり・性器】

オムツで蒸れやすく、おしっこやウンチの刺激でかぶれやすい部位です。男の子は陰嚢の後ろ、女の子はひだの奥の肌の状態をチェックしましょう。

 

スキンケアのコツ① 1日1回はお風呂に入れて石鹸で洗う

赤ちゃんは新陳代謝が盛んで汗や皮脂がたくさん出ます。汗や汚れをほうっておくと刺激になってしまい、あせもなどの肌トラブルの原因になります。

 

1日1回は入浴をし、石鹸で優しく洗いましょう。風邪で入浴ができない・下痢でお尻が汚れた時は、座浴をして対応するのが望ましいです。

 

汗をたくさんかく時期は、何度も汗を流してOKですが、石鹸を使うのは1日1回にしてください。皮脂を取りすぎるのも肌トラブルの原因となります。

 

座浴の仕方

ぬるま湯を入れた洗面器と手おけを用意し、お尻の汚れを軽く拭き取ってからお尻を洗面器に入れてささっと洗います。

 

f:id:kooonyaaa:20190111131508p:plain

手おけのお湯をかけて流したら、バスタオルでお尻を包み、タオルのうえからポンポンと押さえるようにして水気を取ります。

 

お尻が湿ったままオムツをすると、蒸れてしまいオムツかぶれの原因となります。オムツをつけるのはお尻が完全に乾いてからにします。

スキンケアのコツ② 肌を清潔にしたあとは保湿剤で潤いを

肌が乾燥すると角層の細胞の配列が乱れ、汚れや微生物の侵入を防ぐことが出来ず、湿疹や痒みを起こしやすくなります。

 

入浴後や朝に着替えをするとき、保湿剤で肌に潤いを与えて水分の蒸発を防ぎ、バリアー機能を補います。

 

保湿剤を塗るのは1日2回が目安ですが、乾燥が気になるときは、お出かけの前後などに塗るといいです。

 

ちなみに我が家で使っている保湿剤はこちらです。

 

スキンケアのコツ③ 赤ちゃんが過ごしやすい環境を整えて

赤ちゃんが多くの時間を過ごす室内は、乾燥や汚れを防いで快適な環境にします。

 

夏の室温は24~28度、冬は20~23度、湿度50~60%が目安です。暖房時は1時間に1回、普段は2~3時間に1回喚起を行い、綺麗な空気を取り入れ、乾燥が気になる季節は加湿器などで加湿をします。

 

エアコンなどで室温調節もしましょう。また、着替えやおむつ替えは小まめに行い、清潔を保ちます。

 

厚着をして汗をかいていないか、薄着で身体が冷えていないかなどにも気を配りましょう。

スキンケアのコツ④ 夏は紫外線、冬は乾燥対策を忘れずに!

成長とともに外出する機械が増えていきますが、紫外線による日焼けは皮膚や体にダメージを与えます。

 

冬の冷たい外気は肌を乾燥させたり皮膚の血行を悪くして、肌トラブルの原因となる事があります。

 

5~10月は肌の露出を控え、11~2月は帽子や上着・コートなどで冷たい外気から赤ちゃんを守りましょう!

 

まとめ

赤ちゃんはとにかく繊細で、大人が注意深く見てあげないと思わぬ皮膚トラブルを起こしてしまうことがありますよね。

 

私の息子も生後すぐに乳児湿疹が出てきており、頭皮には乳児脂漏性湿疹が出きてしまいました。今は改善しましたが、何も知識がない状態ではちょっとびっくりしました。

f:id:kooonyaaa:20190111132242j:image

少し綺麗になったお肌

 

赤ちゃんの皮膚トラブルはつきものですが、しっかりとケアをしていきたいですね。

 

 

www.kooonyaaa.com

www.kooonyaaa.com