介護士ブログ

介護士です

怒るときに使ってはいけないNGワード│相手を不快にさせない上手な怒り方テクニック【アンガーマネジメント】

私は以前イライラからストレスを感じ、身体を壊した際に、「もう怒りたくない」、「イライラから解放されたい」と思うようになり、アンガーマネジメントを勉強し始めました

 

実際に身体を壊しているときに書いた記事がこちらです↓

 

www.kooonyaaa.com

 

ですが、必要な時には怒る事も必要です

怒らなければならない場面で怒れないと、日常生活や心身に影響を及ぼすこともあります

 

www.kooonyaaa.com

 

 

しかし、起こり方は非常に大切です。間違った怒り方は人生を壊す可能性さえあります

今回は、怒るときに使ってはいけないNGワードについてまとめていきたいと思います

 

「前から言おうと思ってたんだけど」

この言葉は、いかに自分が怒っているかを強めるためのものでしかありません

 

似たようなものに、「前にも言ったよね」、「これで何度目なの?」、「何度も言うけど」等があります

 

この言葉を言われると、怒られた側からすると

 

「そんな風に思ってたんだ」、

「前のことは関係ない」

「なんで今さらそんなことを言うの?」

 

と、今怒られていることを棚に上げ、怒っているあなたに不信感を抱くようになります

 

こうなってしまうと、怒っている理由について理解してもらうのが難しくなります

 

怒るときは、その時のことだけを怒るようにしてください

その方がシンプルに相手に伝わります

 

もし同じことが起きたらどうするのかを明確にし、相手が注意できるようにすることが大切です

 

「なんで?」

「なんでこうしたの?」、「なんでそう思うの?」という言葉は相手を責める言葉です

 

「なんで?」と言うと、相手は責められていると感じ、逃げられなくなります

 

そして、「どうしたらこの場から逃げられるのだろう」ということを考えるのに必死になり、話を理解する余裕がなくなります

 「どうしたら?」を使う

「なんで?」ではなく、「どうしたら?」という言葉を使うようにしましょう

「どうしたら?」は相手に答えやすいパスを投げる言葉です

相手にこれからどうしたいのかと、選択権を渡すことになります

 

パスを出されると、相手は考えます

そして、自分で考えたことや口にしたことに責任を感じ、それを守ろうとする気持ちが高まります

 

「なんでそうしたの?」「どうしたらよかったと思う?」、「どうしたらうまくいくかな」などに言い換えるだけで、相手の思考や意識を大きく変えることができます

「どうしたら?」には状況をよりよくする力があるのです

 

怒るときは原因追及や相手への非難に走らず、「これからどうしていきたいか」という未来を意識して話すようにしましょう

 

「いつも」「必ず」「絶対」

 「いつも」「必ず」「絶対」という言葉は、“決めつけ”を生みます

これらは「例外なく100%そうだ!」と断言する強い言葉だからです

 

「いつも遅刻するよね」

「必ずこういうミスするよね」

 

このように怒ってしまうと、「いつもじゃないのに」、「ちゃんとやれたことだってあるのに」といった反発を生みます

 

そして、

「自分のことをちゃんと見てくれない」

「正しく評価してくれていない」

 

という気持ちを相手に抱かせ、信頼関係を壊すことになりかねません

 

人は自分のことを一方的に決めつけられてしまうと、反発や抵抗を抱きやすくなります

 

すると、こちらの言い分がどんなに正しかろうと、聞きたくない状態になってしまうのです

事実だけを伝える

「いつも」「必ず」「絶対」は相手にレッテルを貼る言葉です。使わないようにしましょう

 

その代わり、事実だけをシンプルに指摘しましょう

 

例えば、よく遅刻する人に「いつも遅刻するよね」と怒るのではなく

 

「最近遅刻が増えているよ」

と怒れば、相手に与える印象がガラッと変わります

 

相手は自分のことをよくみてくれていると感じれます

そして、反省しようという気持ちを自ら持つようになることでしょう

 

一方的に決めつけず、事実だけを怒る方が、相手によく伝わります

 

言い方を変えれば人生が変わる

我慢しているだけではイライラが募り、いつしか爆発してしまいます

時には怒らなければならない時もあります

 

怒る事は悪い事ではありません

怒りは人間に備わっている自然な感情です

www.kooonyaaa.com

 

ですが、言い方一つ、言葉一つで相手に伝わる印象は全然違います

怒り方を間違えると人生を壊しかねないのです

 

www.kooonyaaa.com

 

今回紹介したワードは、私がこれまで使ってきたワードも含まれています

私も日頃の言葉遣いには十分に気を付けていきたいと思います

 

www.kooonyaaa.com

www.kooonyaaa.com